自賠責保険|ひかり鍼灸整骨院(接骨院)|交通事故治療専門サイト|ふじみ野市上福岡駅から徒歩5分

自賠責保険

自賠責保険と損害賠償

自賠責保険 イメージ画像

事故を起こしても、知識があるとないでは、慰謝料や保障額といった金額が大きく違ってきます。 損をしてる方が非常に多いので、損をしないようにまずは当院へご連絡ください。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走る全ての自動車やバイク(原付も含む)に加入が義務づけ られています。

交通事故の被害者の方達が、最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

自分自身が100%悪い事故や自損事故(例:電信柱に衝突)などでなければ自賠責保険を適応することができます。

施術費は0円です。慰謝料、休業損害などが支払われます(120万まで保障されますが過失割合に応じて減額は あります)。

当て逃げでも保険が適応されます。

当て逃げは、相手がわからないので、慰謝料を誰が負担してくれるのか心配になりますよね。

そのような場合には自賠責保険が適応され、ケガの施術費や慰謝料などが120万円まで保障されます。

損害賠償について

交通事故による損害は大きく2つに分けられます。

1. 人的損害

2.物的損害

人身事故による損害

事故による全ての損害が認められるわけではなく、相手との因果関係によって受けた損害のみ認められます。

1. 傷害による損害

2. 後から出てくる症状による損害

3. 死亡による補償

逸失傷害・慰謝料・葬儀代、死亡するまでの施術費や救護費などを合わせた損害。
※逸失利益とは、元気で働いていたとしたら、将来得られたはずの収入から生活費を引いた金額のこと。(定年ま で働いていたと仮定しての退職金も対象となる)

物損事故による損害

物的損害は、被害者の車が破損(全損)した場合の損害と事故暦によって車の評価が下がってしまう損害があります。(破損=修理費、全損=その時の車の時価で賠償)

1. 修理費

2. 保険に評価損

保険に評価損とは、事故歴がつくことよって車の評価下落分(車両保険)に対する損害の事を言います。

賠償問題もしっかりサポート!

当院では提携している法律の専門家が賠償についてもサポートします。

交通事故に遭った時に、症状をしっかり改善する事はもちろん大切ですが、 保険会社との賠償の話し合いも 重要です。

保険会社は交通事故の知識・交渉のプロであるため、一人で悩みながら交渉するには限界があり、治療に集中する ことができません。

当院では、患者さんの交通事故に関係する全てをサポートする為に、専門家と提携しています。

安心して治療に専念して、早く治していきましょう。